スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と不眠症

疲れていて眠いはずなのに布団に入ると目が覚めてしまう、なかなか寝つけない、寝ても朝早く目が覚めてしまい、一度目が冷めると再び眠りに就くことができない・・・不眠症は、当人にとって非常につらい症状です。
悶々としながら布団のなかにいるのは、苦痛というにふさわしいものです。
西洋医学の場合は、不眠症ならば睡眠薬を飲むということになりますが、睡眠薬は習慣性や副作用があることから敬遠されがちです。
漢方薬の場合は、即効性はありませんが、その分、副作用の心配もあまりありません。
また、漢方薬は、鎮静作用だけではなく、身体全体の調子を整える効果もあります。
漢方薬が有効な不眠症は、不眠の原因となる疾患がない場合です。
「リュウコツ」「サンソウニン」「ブクリョウ」といった、鎮静作用のある生薬が配合されているものを用います。
広く用いられるのは、「ヨクカンサン」や「ヨクカンサンカチンピハンゲ」です。
虚弱でない人で、怒りっぽく、神経質な人に対して有効です。
一方、体力がない虚弱な人、心身ともに疲労している人には「サンソウニントウ」が向きますが、この薬は、胃腸の弱い人には不向きです。
胃腸が弱いという場合には、「キヒトウ」を処方します。
さらに、気管支に障害がある場合は、「チクジョウンタントウ」がいいでしょう。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ませんので、専門家の判断に従うのが賢明と思われます。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。