スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と糖尿病

現在、糖尿病および糖尿病予備軍といえる人たちの数が増えています。
成人の糖尿病は、すい臓から出るインスリンの分泌量が減り、血液中の糖分が正常に分解されないために体内に取り込まれずに、血液中に残ってしまう病気です。
そのために尿とともに排泄されることから、検尿で尿糖が出ると糖尿病が疑われるのです。
糖尿病になると、毎日インスリンが必要となる人、食事療法で病気の進行を抑える人、など、治療法、対策はさまざまです。
漢方薬による治療では、血糖値を下げるなどの、糖尿病の完治、根治は望めません。
しかし自覚症状を和らげるのには多くの効果が期待されます。
疲労感や全身の倦怠感、喉の渇き、頻尿、食欲不振、などの症状が、漢方薬によって軽減されることが多いです。
糖尿病に対しては、具体的には、「サイコケイシカンキョウトウ」が用いられます。
この薬は、サイコ剤であることから肝臓機能に障害がある人向きです。
痩せ型で顔色がすぐれず、疲労感が強い人、おなか全体にしまりがなく、上腹部に軽く痛みがある人、腹部大動脈の拍動が強い、といった症状をもつ人に対して用いられます。
一方、体力が充実していて、便秘がちな人、固太りの人に処方されるのは、「ボウフウツウショウサン」です。
水太りの人には向きません。
動悸や肩こり、のぼせなどの高血圧にともなう諸症状に有効な漢方薬です。
また体力は充実していて、喉の渇きが激しい人、冷たい水や飲み物をほしがる人の場合は、「ビャッコカニンジントウ」が処方されます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。