スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と風邪

風邪と、ひとくちに言ってもその症状や原因はさまざまです。
悪寒(おかん)、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛など、症状はさまざまであり、しかも単独で現れるのではなく、複合的に生じるのが一般です。
また、風邪の原因と考えられるウィルスは、100種類をはるかに超えているといわれます。
また、細菌や寒さなども風邪の原因となることがあります。
漢方医学では、まず、その人の症状から二つのタイプに分けます。
体力があって発熱や頭痛、関節痛、喉頭痛などの痛みを伴うものを「陽証」といいます。
一方、体力が衰え、悪寒や全身の倦怠感を覚えるものは「陰証」とされます。
さらに、症状が身体のどこに現れているかも、漢方薬を選択する重要なかぎとなります。
体力が充実していて、頭痛や悪寒といった、身体の外に証が現れている人(初期症状の人で陽証)には、「葛根湯(かっこんとう)」が効きます。
しかも悪寒がしたらすぐに葛根湯を飲むのが早く治すかぎとなります。
一方、同じ初期症状でも虚弱な体質の人は、「桂枝湯(けいしとう)」が効きます。
さらに体力が低下していて、不安や不眠などの精神症状を伴う場合(陰証)には、「香蘇散(こうそさん)」が適しているといわれます。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。