スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と鼻アレルギー

鼻アレルギーの症状には、くしゃみや鼻づまり、鼻水があります。
その他、涙がとまらなくなる、顔や鼻がむずむずする、目がかゆい、といった症状がでることもあります。
なかでも毎年、春先になると多くの人が苦しめられる花粉症です。
花粉症は鼻アレルギーのなかでも、ある一定時期になると発病することから「季節性」と呼ばれるものです。
一方、室内のちりやペットの毛、家ダニなどが原因で起こる鼻アレルギーは、「通年性」といわれます。
鼻アレルギーに広く用いられるのが、「ショウセイリユウトウ」です。
体力が中程度ある人に主に処方され、鼻水や鼻づまりに効果があります。
しかし、この薬を用いると、胃腸障害を起こすという場合は、「リョウカンキョウミシンゲニントウ」が用いられます。
この薬は、冷えにも効果があります。
目や顔のかゆみがある場合には、「エッピカジュツトウ」「ビャッコカニンイントウ」が用いられます。
体力がある、実証のタイプ向きです。
虚証の人に用いる場合は、量を減らすなどの工夫をします。
花粉症の初期に、体力のある実証の人に用いられるのは、「マキョウカンセキトウ」です。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。