スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と更年期障害

更年期障害は、月経異常と同様、女性特有の疾患で、「婦人病」のひとつとされます。
漢方医学では、主に「お血」と「気の上衡(じょうしょう)」が原因とされます。
「お血」は血が滞った状態をいいます。
「気の上衡」は、のぼせやいらいらの原因とされるものです。
更年期障害というのは、卵巣の機能が低下するのに伴い、さまざまなホルモン分泌のバランスの崩れから起こります。
症状はさまざまで、めまい、頭痛、動悸、耳鳴り、胃腸障害、いらいら、不眠、高血圧などがあります。
女性の疾患に対してよく使用されるのは、「ケイシブクリョウガン」という漢方薬です。
これは「お血」に対して処方される代表的なものです。
のぼせや耳鳴り、肩こり、頭痛といった症状があり、顔が赤みを帯び、肌の色が黒ずんでいる女性に向いています。
虚弱な女性(虚証)には、不向きです。
虚弱な女性に向いているのは、「トウキシャクヤクサン」です。
みぞおちを叩くとピシャピシャという音がする場合に処方されます。
また「カミショウヨウサン」も虚弱な人向けです。
右の上腹部に抵抗があり、いらいらや不眠などの症状がある女性に向いています。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。