スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と月経異常

女性の病気である月経異常、更年期障害、子宮筋腫、さらに女性に多いとされる冷え性に対して漢方薬は有効です。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。
月経異常に悩む女性は、多いのではないでしょうか。
漢方医学において月経異常は、主に血の異常と考えられます。
つまり血が滞った状態です。
また、興奮や不安、いらいら、などの症状は気の異常、吐き気や下痢は、水の異常です。
したがってこれらの異常を改善する漢方薬が用いられます。
「トウキシャクヤクサン」 や「ケイシブクリョウガン」「カミショウヨウサン」などが用いられることが多く、これらは気、水、血のいずれにも配慮されたものです。
また、体力が充実した人(実証)で、のぼせや便秘がみられる場合は、「トウカクオウキトウ」、「ツウドウサン」が処方されます。
体力が中程度の人で皮膚が黄褐色の女性には、「ウンンセイイン」という漢方薬を用います。
下腹の痛みや耳鳴り、腰痛、いらいらやのぼせ、神経の過敏などに効果があります。
同じく体力が中程度の人で皮膚の色が黒ずんだ状態の女性の場合は、「ケイシブリョウガン」がいいでしょう。
頭痛や耳鳴り、肩こりにも効きます。
一方、虚弱の冷え性の女性(虚証)は、「トウキシャクヤクサン」が適切です。
また、このタイプの女性で、下痢を伴う場合は、「ウケイトウ」という漢方薬も用いられます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。