スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と子どもの腹痛、下痢

お子さんの腹痛に対して、漢方薬は大いに効果が期待できます。

●「ショウケンチュウトウ」という薬が、お子さんの腹痛に対して広く用いられます。
冷え症、神経が過敏、疲れやすいといった、虚弱体質のお子さんに用いられることが多いのですが、体力が充実したお子さんにも効果があります。

●「トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ」や「トウキシャクヤクサン」は、おなかの冷えが激しい場合に用いられます。

●「サイコケイシトウ」は、かぜに伴う腹痛に効果があります。

●「ケイシカシャクヤクトウ」は、便が軟らかく、残便感がある場合に用いられます。
また、食中毒や虫垂炎(盲腸)、腸閉塞など、急を要する病気によって腹痛が生じている場合もあります。
したがって、医師の判断を仰いでから、漢方薬の服用が適切であるかを決める必要があるでしょう。
乳幼児で下痢を起こした場合は、急性、慢性を問わず、漢方薬は大きな効力を発揮します。
特に下痢が長期化している場合には、是非、漢方薬を試してみてください。
たとえば、慢性の胃腸炎で体力のないお子さんには、「ニンジントウ」と「シンブトウ」を合わせて用います。
普段から食欲がなく、冷えやすい虚弱児に向いているとされます。
一方、急性で発熱や腹痛を伴う下痢の場合、「オウレントウ」が効くとされます。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。