スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と肥満症

肥満症に対して漢方薬は、補助的な役割を果たすに留まります。
肥満というのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回った結果、肥満状態になったもので、中性脂肪が必要以上に蓄積した状態です。
肥満症を改善するための方法の基本は、食事療法と運動療法です。
バランスのとれた食事を摂り、適度に身体を動かすことが大切です。
漢方薬は、肥満に伴う諸症状の軽減に効果が期待されます。
関節痛や肩こり、便秘、月経異常、高血圧症、などです。
体力が充実し、便秘や肩こりがある場合には、「ボウフウツウショウサン」が用いられます。
体力があり、筋肉質で腹部がしまっている場合は、「ダイサイコトウ」が処方されます。
吐き気、食欲不振、息切れにも効果が期待されます。
また、「トウカクショウキトウ」は、のぼせや頭痛、めまい、などがある場合に用います。
この薬は、大黄(ダイオウ)やボウショウを含み、お血を改善する作用があります。
「ボウイオウギトウ」は、皮膚が白く、張りのない水太りタイプで体力が低下した状態の人に用いられます。
このタイプは女性に多く、汗をかきやすく、尿量が少ないという特徴があります。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。
証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。
ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。